演習

演習
  • ゼミ形式で実施、理解が深まる
  • 卒業論文のテーマ設定にも役立つ

教員と少人数(20名程度)の学生でゼミ形式で実施する科目。
特定の法律のテーマについての学習を深めるために、ディスカッションを行います。
レポートとスクーリングの組み合わせによって実施されますが、「演習」の特性から、スクーリングに重点が置かれます。決められた授業日に必ず出席しなければなりません。

受講料 1科目 20,000円
開催地 全国主要都市
日数
  • A方式
    土曜日の午後に6回、本学施設(各キャンパス)にて実施。
    1~5回目:13:30~17:00
    6回目:13:30~16:20
  • B方式
    土・日曜日を中心とした週末・休日を利用して全国の主要都市にて実施。
    短期スクーリングに準じた方法で、「2日×2回」もしくは「3日×1回」で実施。
    ※ 開講時間は講座ごとに異なります。
開催時期 6~12月
※ 講座によって異なる。
受講資格 正科生のみ。科目等履修生・聴講生は受講できません。
申込の時点で、「法学」または「当該演習分野のいずれかの科目」の単位を修得していること。
試験 試験はありません。
成績(評価)は、事前(事後)指導と面接授業とによる「総合評価」

開講数:26講座(1講座20名程度)

分野 講座数
憲法 4
行政法 2
民法 5
刑法 3
刑事訴訟法 1
刑事政策 1
商法 3
民事訴訟法 2
倒産処理法 1
国際法 1
国際私法 1
労働法 2

【参考】2016年度「演習」の開講スケジュール

  • 2017年度のスケジュールは、2017年3月に掲載予定です。