在学生の声友野さん

1年目はレポートを出せず、自分なりのコツがつかめたのは入学して3~4年目でした。やっと合格をもらえたレポートにはインストラクターから「正解のコメントが書けれてうれしいです」のコメントが...。

友野さん
  • 入学:2009年4月(3年次編入学)
    就学時:40歳代
    居住エリア:岡山県在住
    職業:会社員

入学した後の1~2年間は学習のペースをつかむために、苦労した点などはありましたか?

 法律を全く勉強したことの無い私には、レポートと言われてもどのように書いて良いのか全くわからず、気が付くと1年目はレポートを出せませんでした。
 せっかく入学したのにこのままではいけないと思い、翌年春に開催された支部の勉強会に参加しました。そこで同じ岡山の方に出会って、定期的に二人で「支部会」と称して、レポートを書くときにどんな本を参考にしたとか、どの著者が読みやすいとか意見交換をしていました。一人だとあのままレポートを書けずに終わっていたかもしれません。
 勉強仲間を見つけることは、勉強を続けるうえで大切なような気がします。一人だと続いてなかったように思います。

お仕事との両立は多くの在学生の課題ですが、どのようにして学習する時間を工夫していますか?

 仕事の関係で残業が多くなる時期がありその期間は全く勉強が出来ません。そのため比較的仕事が楽な時期に集中して勉強をしています。1年間のうち、8ヶ月くらいしか勉強していません。
 本を読んだだけではレポート課題の問題点が分からなかったので、メディア授業を受けてから、レポートを書くようにしました。本を読むだけより断然分かりやすく、レポートを書く際やスクーリングの予習にもなりました。ただ、仕事のあとにメディア教材の映像を見るのは睡魔との戦いで、何度も気が付くとパソコンの前で寝てしまっていました。
 また図書館にもなかなか行けないので、事前にネットでレポート課題集の推薦図書などを予約しておいて、会社帰りに取りに行くだけにしています。比較的分かりやすかった本の著者は控えておき、次回借りる際の参考にしています。
 入学当初はレポート添削の際に、インストラクターの先生にどんな本を参考にしたら良いか教えていただいたこともあります。

卒業に必要な単位が20単位を切りましたが、通信教育で学ぶというリズムや自分なりのコツがつかめるようになったのはどのくらいの時期ですか?

 自分なりのコツがつかめたのは入学して3~4年目でした。私は法律について全く勉強しておらず教科書を読むだけでは難しいところもあったので、できるだけ短期スクーリングに参加するようにしました。前述のようにメディア教材で予習をしてから短期スクーリングで授業を聞くと分かりやすく、レポートの合格率やスクーリングでの単位修得率も良くなったように思います。

レポートが不合格だった時はどのようにモチベーションを維持していますか?

sample 入学当初は、レポートの不合格はたしかにショックでした。結構厳しいコメントが記載されていることもあり、提出が嫌になったことも何度もありました。
以前ある教科で何度かレポートが不合格になり、やっと合格をもらえたレポートに、インストラクターの先生が「正解のコメントが書けれてうれしいです」として、勉強方法や参考にする図書などのアドバイスを、指導欄いっぱいに書いてくださったことがありました。インストラクターの先生方も忙しいなか、一生懸命指導してくださっているのが伝わってきて、モチベーションが落ちた時はそれを見てモチベーションを維持しています。
 最近は、不合格でも指導欄にインストラクターの先生が、課題の理解してない部分や参考にする資料などを指摘してくださるので、かえって課題の内容がよくわかるので、不合格でも落ち込むことが少なくなりました。

ところで、法律について学ぼうと思ったのはなぜですか?

 仕事が経理や総務だったので、大学に行くなら仕事に関係する学科をと思って、「法学部」か「経済学部」を中心に大学を探していました。
 法律は生活に関係しているので、仕事以外でも役に立つことが多いように思ったこと、また将来資格を取りたいと思っていたので、そのためにも法律を知っていることは役にたちそうだったので「法学部」を選びました。
 実際に仕事をしていて、労働法などを使うこともありとても参考になりました。

そのなかで「中央大学」を選んだ理由を教えてください。

 法学部といえば、「中央大学」とイメージがあったことも大きな選択の理由ですが、そのほか私が大学を探していた当初は、岡山にも支部があったので勉強について相談することができるかなと思ったこと。メディア教材も豊富で、地方でも短期スクーリングや科目試験を行っているので、東京に行かなくても単位取得のチャンスの多いことが選択の理由でした。実際に、多摩キャンパスには、一度しか行ったことがありません。
 ほとんど地方の短期スクーリングやメディア教材で単位をとったので、その意味で通信教育を学ぶ上で経済的負担は違うと思います。

卒業論文のテーマ選びや資料集めなど、卒業論文作成のために準備していることを教えてください。

 岡山は支部もないので、卒業論文のテーマをどのように選んだのか、どのように進めると良いのか聞く方もいなくて、卒業論文の準備にと思い「演習」に参加しました。「演習」に参加して同じように卒業論文の準備をしている方や、卒業論文の執筆中の方もおられ、卒業論文を書く上でとても参考になりました。また、講師の先生も卒業論文のテーマや書き方など、参考にしたらよい資料などを教えてくださりとても参考になりました。
 資料集めのために、国会図書館の会員になりました。

この記事をシェアする