在学生の声S.Hさん

先生方の熱心な指導にふれ、法律の重要論点の理解を深めることができる。

S.Hさん
  • 入学:2014年4月(3年次編入学)
    就学時:20歳代
    居住エリア:東京都在住
    職業:会社員

大学の通信教育で学ぼうと思ったきっかけを教えてください。

 もともと社会のルールである「法律」という学問に興味があったのですが、大学時代の専攻は工学でしたので、「法律」を腰を据えて学ぶ機会はありませんでした。
 就職に伴い社会に出る上で、「法律」を知らないことは若干心もとないな、と思っていたところ、電車内で中大通教の広告を見つけ、せっかくだしやってみようかという気持ちで情報収集を行いました。

中央大学を選択した理由を教えてください。

 法律を学ぶなら「中央大学」かな、という気持ちはありました。
 そのうえで、勤務のある平日はスクリーングに参加することが難しいこと、土日も予定が変動的なため自分のペースで学べる環境が良いな、という観点から探してみたところ、中大通教ではオンデマンドスクーリングだけでも卒業できる、とのことでしたので、中央大学に決めました。
 実際には、短期スクーリングや夏期スクーリングも受講しましたが、やはりメインはオンデマンドスクーリングでの学習になったことを考えると良い選択だったと思います。

実際に入学して学んだ感想をお聞かせください。

 まず、インストラクターの先生方が非常に親切なことに驚きました。大学の指導というと、学生の自主性に任せるというか、放任というか、そういうイメージがあったため、中大通教の先生方のご指導の熱心さにびっくりしました。自分でも「論点は結局ここで良かったのだろうか」と不安に思いながらレポートを提出したときでも、優しいながら分量の多い指導をいただくことができ、それぞれの法律の重要論点の理解を深めることができました。
 また、現在、卒業論文の指導を受けているのですが、自分の提出した見解とは違った観点から指摘をいただくことで、より説得力の高いと思える論文ができつつあると思います。
 さらに、支部の存在も大きかったです。何度か支部の学習会に参加させて頂いたのですが、吸収できることの多い勉強会だったと思います。

レポートが不合格になった時、落ち込みますか?その後どう取り組まれていますか?

 インストラクターの先生と対話をするような気持ちでレポート提出を行っていますので、不合格になったときでも落ち込むことはほとんどありません。指摘して頂いた点を中心に淡々と考え直すことが多いです。
 ただ、非常にハイレベルなものを求められるときは、1か月ほど間を置いておいてじっくりと考えることがあります。1度ですが、1つのレポート問題で合格をもらうまでに3回出しなおしたことがあり、そのときは半年ほど1つの問題を集中して考えたことになります。働き始めると1つの問題をこれほど集中して考えて、なおかつ指導を頂けることが少なくなりますので、学生らしい贅沢な経験をさせていただいたな、と思います。

仕事と両立するうえでのポイントを教えてください。

 私の場合、電車通勤ですので、通勤中の時間を使えるのが大きいと思います。中大通教のオンデマンドスクーリングはタブレット端末でも使用可能でしたので、無線イヤフォンを使って通勤中はオンデマンドスクーリングを受講するようにしました。
 また、せっかく法律の知識を身につけても仕事でミスをすれば意味がないので、仕事に集中しなくてはいけないときは仕事に集中する、というメリハリをつけることも大切だと感じました。

特定の法律だけを単独で学ぶこととは異なる"法律を体系的に学ぶ"ことを実感されたことがありましたら教えてください。

 1つの法律だけを学んでいると、どうしても法律の一般的な原則や他の法律との関係が分からず、戸惑ってしまうことがあると思います。例えば、「判例ってどういう位置づけなのだろう?」とか「仮処分ってどういうことを行うのだろう?」とか「刑罰ってどういうときに適用されるのだろう?」といったことですね。それぞれ中大通教の科目でいうと「法学」、「民事執行・保全法」、「刑法総論」に該当すると思います。
 それで、時として、1つの論文や記事内でこれら全ての概念に出会うことがありますが、それぞれの科目だけを勉強していると、その論文や記事の文章の意味が分からなくなってしまいます。
 法律を体系的に学ぶことで、このような問題にぶつかること自体が少なくなりましたし、文章内に分からない法律用語が出てきても調べ方が分かるようになった、という印象を受けています。

今後の目標をお聞かせください。

 まずは卒業です。ちょっとだけ単位の計算をミスしてしまって、2017年3月だとギリギリの卒業になってしまうかもしれませんが。
 卒業したあと可能であれば司法試験予備試験など法律に関する資格試験を受験できればよいかなと思っています。

最後に入学を検討している方にメッセージをお願いします。

 中大通教は非常に学びやすい環境がそろっていると思います。
インストラクターの先生には丁寧に指導して頂けますし、通教生、支部の方々も学問をしようというやる気に満ちています。
 また、リーガル・リサーチなど学習を進める上でのサポートも充実していますし、事務の方々もすごく親切に勉強をサポートして下さります。
 私は中大通教を選択して本当に良かったな、と思っています。法律を一から学びたい、という方はぜひ一緒に学びましょう。

この記事をシェアする