総合面接試問

Home > 在学生の方へ >  学習案内 >  卒業 >  総合面接試問

総合面接試問は原則として卒業論文審査者との個人面談形式です。卒業論文の内容を中心に質問されます。

1.受験要件

 

総合面接試問に関する画像

次の要件をすべて充足した場合、総合面接試問を受験できます。

  1. 卒業論文審査の結果、「総合面接試問受験資格あり(合格)」と判定されていること。
  2. 卒業論文論題科目の単位を修得していること。

2.日程

総合面接試問の予定日は、

  • 前期(9月)の場合、半年前の『白門』3月号
  • 後期(3月)の場合、半年前の『白門』9月号

に掲載します。

卒業論文の結果通知に、面接日を明記した「総合面接試問実施通知」が同封されます。
受験者の都合による総合面接試問の日程変更は認められません。


過去に行われた総合面接試問の日程は以下のとおりです。

前期(9月)後期(3月)
2015年度 2015年9月11日(金)~
~9月12日(土)
2016年2月19日(金)~
~2月21日(日)
2016年度 2016年9月9日(金)~
~9月10日(土)
2017年2月17日(金)~
~2月19日(日)
2017年度 2017年9月14日(木)~
~9月15日(金)
2018年2月19日(月)~
~2月21日(水)
2018年度 2018年9月13日(木)~
~9月14日(金)
2019年2月18日(月)~
~2月20日(水)
備考 上記日程のいずれか1日となりますが、教員の公務により前後することもあります。

3.受験許可

 

卒業論文審査結果および単位修得状況により「総合面接試問受験許可・不許可」の通知を発送します。

許可の場合 総合面接試問受験許可通知 面接の日時・会場を通知します。
面接試問は30分程度の個人面談形式です。
不許可の場合 総合面接試問受験不許可通知 卒業論文を返却します。引き続き単位修得を目指す場合は、次回以降の提出期に再度「卒業論文提出許可願」提出から手続し、卒業論文を提出してください。

4.総合面接試問結果通知

 

総合面接試問受験者全員に「総合面接試問結果通知」を、前期は9月下旬に、後期は3月上旬に発送します。

合格した場合 「卒業論文・総合面接試問」の単位を修得となります。
不合格の場合 卒業論文を返却します。引き続き単位修得を目指す場合は、再度「卒業論文提出許可願」提出から手続し、卒業論文を提出してください。