卒業要件(カリキュラム・修業年限)

Home > 在学生の方へ >  学習案内 >  卒業要件(カリキュラム・修業年限)

卒業に必要な単位数

本課程のカリキュラムは、卒業に必要な単位(卒業要件単位数)は131単位です。法律学の専門的知識に3分の2、幅広い教養に3分の1を充てています。

さらに、個人の学習目的に応じた科目選択の幅を広げるため、必修科目は最低限に抑えて自由選択型に近いシステムを採っています。

入学年次に応じた卒業に必要な単位数は、以下のカリキュラム表のPDFファイルを参照してください。

カリキュラム

  • 最終学歴が大学、短大、高専卒業の場合、3年次編入ができます。専門学校卒業で、一定の要件を満たせば、3年次編入学が可能です。

  • 最終学歴が高等学校卒業、または大学・短期中途退学の場合は、前学校で単位修得した科目と、本課程の科目を照らし合わせ、授業内容や単位数を基にして科目ごとに個別に換算します。

授業科目の履修系統図

この履修系統図は、本課程のカリキュラムのうち、専門科目における授業科目間の関連性と基本的な履修順序を示したものです。履修科目を選択する際の参考にして、体系的に学習するように役立ててください。


修業年限

修業年限とは最短で卒業することのできる(卒業に必要な)年数です。在籍期間とは、在籍できる最長の年数です。

年次 修業年限 在籍可能な期間
1年次入学 4年間 12年間
2年次入学 3年間 11年間
3年次入学 2年間 10年間

修業年限には休学(入学年次に関係なく4回を限度)期間は含まれません。