短期スクーリング : 詳細

短期スクーリングとは

春と秋を中心に、日本各地で行うスクーリングです。
主に週末の3日間で、午前・午後ともに1つの科目について実施します。

受講例

1.時間割

講義科目

  1日目 2日目 3日目
1時限 9:30~10:50 9:10~10:50 9:10~10:50
2時限 11:05~12:45 11:05~12:45 11:05~12:45
昼休み 12:45~13:45
3時限 13:45~15:25 13:45~15:25 13:45~15:25
4時限 15:40~17:20 15:40~17:20 15:55~16:55
スクーリング試験

体育実技

  1日目 2日目 3日目
1時限 9:30~10:50 9:10~10:50 9:10~10:50
2時限 11:05~12:45 11:05~12:45 11:05~12:45
昼休み 12:45~13:45
3時限 13:45~15:25 13:45~15:25 13:45~15:25
4時限 15:40~17:20 15:40~17:20 15:35~16:55

2.受講料

10, 000円

  • 英語はスクーリング用のテキスト代が別途必要になります。
  • 原則として、一度納入された受講料は一切返還しません。

3.受講資格

以下1~5のすべての要件を満たし、受講料が納入されることにより、受講が許可されます(選抜で受講不可となったときを除く)。

  1. 正科生・科目等履修生・聴講生であること(ただし、科目等履修生・聴講生は受講定員に余裕のある場合に受講可能)。
  2. 授業開催日に在学していること(休学中でないこと)。
  3. 受講する年度の授業料、科目等履修料または聴講料を納入していること。
  4. 受講科目は、履修登録済みであること。
  5. 受講科目は、単位未修得であること。

その他、受講の詳細は『別冊白門』を参照してください

4.試験

授業の最終時限に単位修得のためのスクーリング試験が行われます。
「体育実技」では、試験は行いませんが、実技中に試験が行われる場合もあります。
「英語」では、授業時間内の別の時間で試験が行われる場合もあります。

5.単位認定・成績結果通知

授業開催最終日から約1ヵ月後(レポート合格期限がある場合はその期限後)に単位認定を行い成績結果を通知します。