単位の修得方法

Home > 在学生の方へ >  学習案内 >  単位の修得方法

卒業するためには「授業科目の単位」、「スクーリング単位」をそれぞれ修得することが必要です。それでは、2種類の「単位」をどうやって修得していくのでしょう?
「単位を修得する」ためには、履修登録した科目の試験に合格しなければなりません(体育実技・情報処理・演習を除く)。修得方法は、基本的には以下の2通りあります。

1.4単位科目の場合

ここでは、1年次に入学した方が「法学」(4単位科目)の単位を修得する場合を例に説明します。

授業科目単位のみの修得

授業科目単位のみの修得方法の図

この方法でレポート4通、科目試験に合格すると、授業科目の単位131単位のうち、4単位を修得したことになります。
ただし、この方法では、授業科目の単位は修得できますが、スクーリング単位は修得できません。
卒業するためには、次のような方法で卒業に必要なスクーリング単位を修得する必要があります。

授業科目単位とスクーリング単位を同時に修得

授業科目単位とスクーリング単位を同時に修得方法の図

この方法でレポート2通、(スクーリング・メディア授業を受講し)スクーリング試験に合格すると、授業科目の単位131単位のうち、4単位を修得し、さらにスクーリング単位30単位のうち2単位も修得したことになります。

2.4単位科目以外の場合

7群、8群、10群を除く2単位科目

授業科目の単位のみを修得する場合

授業科目の単位のみを修得する場合の図

授業科目の単位と同時にスクーリング単位も修得する場合

授業科目の単位と同時にスクーリング単位も修得する場合の図

7群:英語科目

授業科目の単位のみを修得する場合

授業科目の単位のみを修得する場合の図

授業科目の単位と同時にスクーリング単位も修得する場合

授業科目の単位と同時にスクーリング単位も修得する場合の図

8群:ドイツ語・フランス語科目

授業科目の単位のみを修得する場合

授業科目の単位のみを修得する場合の図

授業科目の単位と同時にスクーリング単位も修得する場合

授業科目の単位と同時にスクーリング単位も修得する場合の図

9群:体育実技科目

体育実技に関する図

10群:情報処理科目

情報処理に関する図

11群:導入教育科目

導入教育に関する図