サポート

Home > 在学生の方へ >  手続・Q&A >  サポート

中央大学通信教育課程では、在学生の方のために、さまざまな学修サポートを行っております。必要に応じて、ぜひ活用してください。

1.奨学金制度

詳しくは「奨学金制度とは」ページをご覧ください。


2.その他

  1. 1.郵便料金の特別割引
  2. 2.勤労学生の所得税控除
  3. 3.学生教育研究災害傷害保険
  4. 4.被災害者への教材提供
  5. 5.日本学生支援機構「JASSO 支援金」

1.郵便料金の特別割引

中央大学通信教育課程は、主に郵便を利用して学習を進めます。
次の郵便物は通信教育に関わる第4種郵便物として特別な郵便料金の扱いを受けます。

  • 学生→大学 レポート、質問票
  • 大学→学生 レポート、質問票への回答、教材、レポート用紙、卒業論文用紙
  • (ア)料金 : 100gまで15円(100gを超える場合は、100gごとに10円増)
  • (イ)上記以外の証明書請求、履修届提出、スクーリング・メディア授業受講申込み等は通常の料金です。

2.勤労学生の所得税控除

中央大学通信教育課程の正科生は、所得税法に定められた「所得金額に対する勤労学生控除」が適用されます。
詳細は所管する税務署または勤務先の給与担当者にお尋ねください。

3.学生教育研究災害傷害保険

本学では、「学生教育研究災害傷害保険」に一括加入しています。
この保険は、学生の教育研究活動中の災害を補償する制度で、スクーリング・メディア授業などの正課の授業中、科目試験などの大学行事中、合宿ゼミなどの大学に届け出た課外活動中に生じた急激かつ偶然な外来の事故により、身体に傷害を被った時に保険金が支払われます。
事故が発生した時には、遅滞なく庶務・会計グループまでお問い合わせください。

4.被災害者への教材提供

水害や火災等の災害によって通信教育部の教材に損傷を受けた場合には、新しい教材を無償で再交付します(単位未修得科目に限る)。
学籍番号、氏名、住所、損傷を受け再交付を希望する教材名等を明記し、捺印した「教材再交付願書」(任意の用紙)を入学・広報・教材グループまで提出してください。

また、その際、各市区町村か所轄の消防署で交付された「り(罹)災証明書」(本書に限る。ただし、希望により後日返還します。)を合わせて提出してください。
なお、軽微な災害等で「り(罹)災証明書」がない場合でも、再交付を認める場合がありますので、遠慮なく入学・広報・教材グループへ相談してください。

↑ページの先頭へもどる

5.日本学生支援機構「JASSO 支援金」

自然災害により居住する在宅に半壊以上等の被害を受けた学生を支援するために、日本学生支援機構から支給される支援金です。申請資格等の詳細は、以下のリンクより日本学生支援機構サイトをご覧ください。申請希望者は、申請資格等を確認のうえ、教務グループまでお申し出ください。


↑ページの先頭へもどる