退学について

Home > 在学生の方へ >  手続・Q&A >  各種手続 >  退学について

事情により退学を希望する場合は、以下の方法で手続きしてください。

手続方法

退学の手続については「退学届」の裏面も参照してください。なお、郵送による場合は、普通郵便でなく簡易書留等の配達状況確認可能な方法によりお送りください。
  1. 「退学届」
  2. 返信用封筒 (宛先・学籍番号明記、82円切手貼付)
  3. 学生証

注意事項

退学日

本学が許可した日付となりますが、退学届には退学希望日を必ず記入してください。本人が記入した退学希望日より後に退学届が事務室に届いた場合は、到着した日以降の本学が許可した日付が退学日となります。
※大学院進学等のために退学をする場合は、退学年月日にご注意ください。また、本学通信教育課程に再度入学する場合には、入学年月日の前日(4月入学の場合、3月31日、10月入学の場合、9月30日)までに退学していることが必要です。入学先の「入学年月日」に注意して手続を行ってください。

退学の条件

すでに除籍されている場合、退学の手続はできません。

修得済の科目について

退学日までに試験を受験し修得した科目について、申請により成績証明書を発行することができます。

学費について

退学手続をした場合でも、納入済みの学費は返還しません。学費未納の状態でも退学をすることは可能ですが、除籍決定後に退学することはできません。
※記入した退学希望日から20日間経過しても大学から「退学通知」が届かない場合は、教務グループ 042-674-2346までお問い合わせください。