休学について

Home > 在学生の方へ >  手続・Q&A >  各種手続 >  休学について

中央大学法学部通信教育課程では、4年(4回)を限度として休学が認められています。生活環境の変化、学修のペースに合わせて、必要な場合は休学の申請をしてください。

1.休学から復学まで

休学をしたのち、再休学または退学の手続をしない場合4月入学生は4月1日付で、10月入学生は10月1日付で自動的に復学します。新年度の学費を納入してください(納入しない場合は授業料滞納による除籍となります)。継続して休学を希望する場合は、所定の期日までに新年度の学費を納入してから「休学願」を提出してください。

休学から復学までの流れ(4月入学生の場合)

休学期間について

  4月入学生 10月入学生
休学期間 本学が許可した日から学年の末日まで
休学願の
開始希望日
4月1日から翌年1月31日 10月1日から翌年7月31日
学費の
減免対象期間
4月1日から9月30日 10月1日から翌年3月31日
  • ※希望した日より後に休学願が事務室に届いた場合は、到着した日以降の本学が許可した日からその学年の末日までが休学期間となります。
  • ※休学期間の途中での復学はできません。休学期間の最終日は、休学が許可された学年の年度末(4月入学生は3月31日、10月入学生は9月30日)です。

3.休学するとどうなる?

1.休学中は学習活動ができません。

休学中はレポート提出、スクーリング・メディア授業の受講、試験受験、履修登録、追加履修の受付はできませんが、休学許可日より前の学習活動とその結果(試験結果など)はすべて有効になります。

2.修業年限には算入されません。(在籍期間に算入します。)

修業年限を充足するためには、休学期間を除いて修業年限分在籍する必要があります。

1年次から入学して、3年次のときに1年間休学した場合の例
  • ※修業年限とは、最短で卒業することのできる在籍期間のことをいいます。
  • ※在籍期間とは、修業年限に延長期間を合わせた期間のことをいいます。

在籍期間

  在籍期間(修業年限+延長期間)
1年次入学 12 年(4年+8年)
2年次編入学 11 年(3年+8年)
3年次編入学 10 年(2年+8年)

3.学費の半額をお返しすることができる場合があります。

休学をする年度の学費を納入し、学費の減免対象期間に「学費納付金返還申請書」「休学願」を提出し、休学が認められた場合は学費の半額をお返しします。
学費の減免対象期間については休学期間の表をご覧ください。

3.休学の手続

休学の手続については「休学願」の裏面も参照してください。休学をする年度の学費(全額)を納入後、次の1~3を教務グループまで提出してください。なお、郵送による場合は、普通郵便でなく簡易書留等の配達状況確認可能な方法によりお送りください。

  1. 「休学願」(記入方法は『別冊白門』に掲載)
  2. 返信用封筒 (宛先・学籍番号明記、82円切手貼付)
  3. (学費減免の対象期間の場合)「学費納付金返還申請書」
  • ※記入した休学希望日から20日間経過しても大学から「休学通知」が届かない場合は、「教務グループ 042-674-2346」までお問い合わせください。