費用の種類と納入方法

Home > 在学生の方へ >  手続・Q&A >  各種費用 >  費用の種類と納入方法

費用の種類

費用の種類は、大きく分けて下記の4つがあります。

1.授業関係費用

↓下記の表タイトルをクリックすると、詳細ページに移動します。

毎年度納入 基本授業料 1年間の基本授業料
利用時に別途納入 追加履修料 追加履修に関する費用
スクーリング受講料
  • 夏期・短期のスクーリング
  • リアルタイムスクーリング
  • オンデマンドスクーリング
  • 通学スクーリング
を受講する場合の費用
メディア教材利用料、
リーガルリサーチ利用料
メディア教材利用時、リーガルリサーチ利用時に関する費用
演習受講料 演習授業に参加する場合の費用

2.教材関係費用

↓下記の表タイトルをクリックすると、詳細ページに移動します。

教材発送料 制定物品発送料
  • 基本教科書
  • 指定教科書
  • 学習指導書
等の教材発送の際の費用
  • レポート用紙
  • 卒業論文用紙
  • 提出用、返送用封筒
  • バーコードシール
  • 質問票
等の制定物品発送の際の費用

3.証明書発行手数料

詳しくはこちらをご覧ください。

4.海外への発送費用

詳しくはこちらをご覧ください。

費用の納入方法

各種申請申込後、大学から「中央大学振込依頼書」を登録先住所へ発送します。記載されている期限内に「中央大学振込依頼書」下部の払込票を使用して納入してください。なお、大学が入金を確認できるのは、振込から2~3営業日後となります。
1枚の振込用紙での申込件数は6件までとなり、1枚につき振込事務手数料270円が必要となります。

1.申込から納品・受講許可までの流れ

申込から納品・受講許可までの流れ

利用できる支払先

支払先名 利用方法
コンビニエンスストア 取扱い可能なコンビニエンスストアおよび金融機関は、払込票裏面でご確認ください。
ゆうちょ銀行 ATMより振込ができます。

銀行 ATMより振込ができます。
Pay-easy

インターネットバンキングなどで、Pay-easy(ペイジー)を利用して振込ができます。


3.領収書の保管について

通信教育においては、直接窓口で手続する場合に比べ、事故が発生しやすいのが実状です。後日調査の際に資料となる「領収書」またはこれに類するものは、必ず手元に保管しておいてください。

4.納入後の問い合わせについて

授業料を除く費用の納入後、3週間経過しても通信教育部より通知(連絡)のない場合は、必ず、学籍番号・氏名・納入月日・用途・金額等を記入し、文書もしくは「オンライン質問受付」ページから庶務・会計グループに照会してください。