体験スクーリング動画 ~授業の一部を公開~

Home > 在学生の方へ > 体験スクーリング動画 ~授業の一部を公開~

体験スクーリング動画 ~授業の一部を公開~

短期スクーリング・夏期スクーリング・体験スクーリング(入学説明会)の授業の一部を公開しています。

  • マイナンバー制度のデータマッチング(名寄せ)のプライバシーリスクについて

    マイナンバー制度のデータマッチング(名寄せ)のプライバシーリスクについて

    2016年5月10日公開 new!

    「憲法」
    佐藤信行

    住基ネット訴訟を取り上げ、マイナンバー制度のデータマッチング(名寄せ)のプライバシーリスクについて講義しています。

    「講義中,高等裁判裁判所の数について言及している部分で言い間違いがありますので、お詫びして訂正いたします。
    誤:11(知財高裁を含めると12)
    正: 8(知財高裁を含めると9)」

  • 租税法は難しい?法律学は難しい?

    租税法は難しい?法律学は難しい?

    2015年8月4日公開

    「租税法」
    玉國文敏

    法律用語はなぜ難しいか。また、法律を丸暗記すれば知識として身についたことになるのか。

  • 勉強は知的な雑巾がけ

    勉強は知的な雑巾がけ

    2015年8月4日公開

    「租税法」
    玉國文敏

    勉強すればするほど足腰が鍛えられ、知的レベルが上がっていくはずです。租税法だけでなく、いろんな分野の勉強を同時にすることをおすすめします。

  • 国会がルールを作る-国会の地位と役割-

    国会がルールを作る-国会の地位と役割-

    2014年10月2日公開

    「憲法」
    橋本基弘

    「どういう税金をどれくらい納めるか」「警察が活動する」などの国家が活動するには法律という根拠が必要です。その法律というルールは国会が作ります。唯一の立法機関である国会の役割は非常に大きくて重いのです。

  • 国会は誰から構成されているか-自己統治の原則-

    国会は誰から構成されているか-自己統治の原則-

    2014年10月2日公開

    「憲法」
    橋本基弘

    なぜ、国会が決めた法律がこれほどまでに強い意味を持つのでしょうか。なぜ、国会で決めたことに従わなければならないのでしょうか。

  • <事例から学ぶ私的独占規制1> 有線ブロード事件と北海道新聞事件

    <事例から学ぶ私的独占規制1> 有線ブロード事件と北海道新聞事件

    2014年9月29日公開

    「経済法」
    西村暢史

    2つの事件の比較から、私的独占規制には極めて微妙なケースが多く、慎重かつ丁寧な事実関係の確認とそれらの事実に対応する法的評価が求められています。

  • <事例から学ぶ私的独占規制2>インテル事件

    <事例から学ぶ私的独占規制2>インテル事件

    2014年9月29日公開

    「経済法」
    西村暢史

    CPU製造を世界的に行っている有名なインテル社の日本インテル社が、国内PCメーカーに対して行ったリベートを内容とする行為に対して私的独占に該当すると判断した公取委の判断構造を説明しています。

  • <事例から学ぶ私的独占規制2>ノーディオン事件

    <事例から学ぶ私的独占規制2>ノーディオン事件

    2014年9月29日公開

    「経済法」
    西村暢史

    ノーディオン社の日本における取引先2社に対する長期の排他的購入契約が私的独占に該当するのか、黒板に図示しながら説明しています。

  • 私的独占規制についてのまとめ

    私的独占規制についてのまとめ

    2014年9月29日公開

    「経済法」
    西村暢史

    私的独占規制を考えるうえでのポイントをまとめています。

    1.日常行っている積極的な営業活動に対して法律の過剰な規制は回避する必要があります。

    2.これまでの独禁法上問題となった諸事例では、行為を行った企業を取り巻く様々な環境、特に市場シェアや影響を与える取引先の規模等が重要な要素となっています。

  • 未成年が単独で法律行為をするためには

    未成年が単独で法律行為をするためには

    2013年10月7日公開

    「民法1(総則)」
    新井誠

    未成年が単独で法律行為をするためには、法定代理人の同意が必要である。
    初学者に向けて、民法の条文の読み方にも触れています。

  • 親権者は子供のBest Interestをつくさなければならない

    親権者は子供のBest Interestをつくさなければならない

    2013年10月7日公開

    「民法1(総則)」
    新井誠

    2種類の法定代理人のうち、親権者について講義しています。
    子の最善の利益=Best Intersrtをはかるのが親権者の役割である。

  • 未成年の子供が親に断りなく中大通教に入学手続をすることができるか

    未成年の子供が親に断りなく中大通教に入学手続をすることができるか

    2016年3月3日公開

    「民法1(総則)」
    新井誠

    未成年者が法律行為を行うためには、親権者の同意が必要である。
    では、未成年者の子供は、親に断りなく中大通教に入学手続をすることができるのか。

  • 未成年者が親権者の同意を得ず車を購入した場合

    未成年者が親権者の同意を得ず車を購入した場合

    2013年10月7日公開

    「民法1(総則)」
    新井誠

    未成年者が、親の同意なく、車を購入した場合はどうなるか。
    「おやつを買ってきていいよ」と200円を渡し、小学生の子供がコーラを買ってきた。「コーラじゃなく、お茶にしなさい。なぜお茶にしなかったの!」と叱ることは法律的にどうなのか。

  • 会社法の学び方

    会社法の学び方

    2013年9月26日公開

    「商法(会社法)」
    宮本航平

    教科書に書かれていること全てを理解することは不可能です。
    後ろの方に書かれていることがある程度理解できて初めて、前の方を理解できるというのが体系的な学問の勉強方法です。
    細かいことを全て理解しなければいけないと思わないでください。

  • 会社法という法律はなかった

    会社法という法律はなかった

    2013年9月26日公開

    「商法(会社法)」
    宮本航平

    会社法という法律はいつできたのか。
    その法典を理解するために、その条文はどこからきたのかを知り、どういう経緯でできたものなのかなどその歴史を知っておくことは大切である。
    会社法の3分の2の判例が改正前の商法時代の判例である。

  • 会社に関わる人々 利害関係人

    会社に関わる人々 利害関係人

    2013年9月26日公開

    「商法(会社法)」
    宮本航平

    株式会社に関わる人のことを利害関係人(ステークホルダー)という。
    会社法はこういった人々の利害を調整するルールである。

  • 労働法においての同意とは

    労働法においての同意とは

    2013年9月10日公開

    「労働法(個別的労働法)」
    山田省三

    労働法においての「同意」は、民法においての「同意」とは異なります。

  • 転籍とは 出向との違い

    転籍とは 出向との違い

    2013年9月10日公開

    「労働法(個別的労働法)」
    山田省三

    転籍とは、労働者と転籍元との労働関係を終了させ、転籍先との間であらたな労働契約関係を成立させるものです。また転籍には、労働者の「同意」が必要です。
    労働者に取り身近な言葉「転籍」と「出向」について、労働法という法律から学んでみませんか。

  • 解雇

    解雇

    2013年9月10日公開

    「労働法(個別的労働法)」
    山田省三

    労働契約の一方的終了を「解雇」といいます。
    警察官が一般市民を射殺し自殺した場合、懲戒解雇できません。その場合退職金は支給されるのでしょうか。

  • 身元保証

    身元保証

    2013年9月10日公開

    「労働法(個別的労働法)」
    山田省三

    証券会社の販売員が数億円の売掛金未回収に陥った場合、その身元保証人となっていた友人に対して、証券会社から損害賠償請求訴訟があった場合はどうなるのでしょうか。

  • 功利主義

    功利主義

    2013年9月11日公開

    「法哲学」
    石山文彦

    「功利主義は配分の不公平を容認する。」すぐに聞いてもピンとこないこの言葉を、「臓器移植」という話題から説明しています。
    一人の人の犠牲により複数の人が助かる→臓器提供者が多くいればもっと助かる人が増える→生きている人が元気なうちに死ねばよい...こんなことを容認することになってしまう?

  • ブラックジャックが手術に失敗したら過失を問えるか

    ブラックジャックが手術に失敗したら過失を問えるか

    2012年8月7日公開

    「刑法各論」
    只木誠

    「ブラックジャックをご存じですか?ブラックジャックが手術に失敗したら過失を問えるのだろうか・・・?」

  • 保険契約法の改正

    保険契約法の改正

    2012年9月14日公開

    「保険法」
    野村修也

    保険契約法の改正についての講義から、強行法規と任意法規の違いについて、株主総会の通達を例に分かりやすく説明しています。
    また、カタカナ・文語体の法文を平仮名・口語体に変更する意味を、「番頭・手代」を例にして初学者にわかりやすく説明しています。

  • リーガルマインドの共有

    リーガルマインドの共有

    2012年9月14日公開

    「保険法」
    野村修也

    裁判官、検事、弁護士といった専門職に就かない人も法律を学ぶ意味があり、法律を学んだ人達すべてが法律家であるという「リーガル・マインドの共有」は、日本社会の強みである。

  • 法律改正のプロセス

    法律改正のプロセス

    2012年9月14日公開

    「保険法」
    野村修也

    法律を作るプロセスについてわかりやすく説明しています。

  • 人生のギャップ

    人生のギャップ

    2012年9月28日公開

    「特殊講義2 [福祉と女性]」
    廣岡守穂

    高学歴の50・60代の女性は、「自分が生きてきた生き方」と「自分が思い描いてきた生き方」に最も大きな人生のギャップを感じている。
    「一歩踏み出したい」「何かをやりたい」という女性に対して、どういうチャンスを提供していくか。行政の立場から考えてみよう。

  • 社会行動を最大限尊重する過失責任主義とは

    社会行動を最大限尊重する過失責任主義とは

    2012年8月7日公開

    「民法1(総則)」
    遠藤研一郎

    民法の基本原則の一つ「過失責任主義」について「副作用のある新薬を服用して死亡した場合」という例を用いて講義しています。

  • 不動産って何ですか?

    不動産って何ですか?

    2012年8月7日公開

    「民法1(総則)」
    遠藤研一郎

    「庭に生えている木は動産か、不動産か?」という例を用いて「不動産とは何か」について講義しています。

  • なぜその規定になっているのか

    なぜその規定になっているのか

    2012年8月7日公開

    「民法1(総則)」
    遠藤研一郎

    どうしてその規定になっているのかという「立法趣旨」と「法解釈」の重要性について先生が熱く語っています。「規定の一つ一つの立法趣旨まで遡って議論することでクリエイティブなものが生まれてくる。」
    これについては、多くの卒業生・在学生が「通教生の声」で「背景や歴史などを学ぶことによって、その法律をより理解できた。」「体系的な考え方や趣旨の把握は必ず今後生きてくる。」と話しています。

  • 演習 授業風景 テーマ「倒産処理法の諸問題」

    演習 授業風景 テーマ「倒産処理法の諸問題」

    2013年11月18日公開

    「「演習」 倒産処理法」
    木川裕一郎

    演習 テーマ「倒産処理法の諸問題」の授業風景の一部を公開しています。「演習」とは少人数のゼミ形式の授業です。