信窓会

本学では、卒業生を「学員」と呼び、この学員により構成された組織が「中央大学学員会」です。通教の卒業生組織である「信窓会」も、このメンバーの一員であり、学員会支部となっています。信窓会は、通信教育課程ではじめて卒業生が誕生した昭和28年(1953年)3月に発足した歴史のある組織です。

毎年、総会や親睦旅行を開催し、会員相互の結びつきを強めるとともに、学生への支援活動も活発に行っています。 あたたかい支援が、次の一歩を踏み出させてくれます。


 

学生会への支援活動として

新春交流会

学生が参加できる「新春講演会・交流集会」が毎年開催されています。
中央大学の教員による講演のほか、司法試験に合格した通教OBが合格体験談などを披露。講演の後には懇親会も開かれ先輩と学生が懇談する場となっています。

スクーリング参加学生への激励会

毎年、夏期スクーリングに参加している学生を招いて激励会を開催しています。司法試験対策ガイダンスと講演会、パーティーがプログラムされ、パーティーではOB・OGも多数参加しています。

宿泊学習会

信窓会には都道県単位で支部を置き、本部と連絡をとって宿泊学習会を開催しています。会員の親睦旅行と兼ね合わせた学習会を行う支部もあります。また、卒業への支援活動として学生にも呼びかけ、宿泊形式をとらずに交流を深めながら学習の手助けをしているところもあります。いずれも講師は中央大学の教員や職業専門家(弁護士など)が多く、終了後は懇親会で親睦を深めています。