通信教育部長からのメッセージ

Home > 在学生の方へ > 中央大学の通信教育 > 通信教育部長からのメッセージ

中央大学 通信教育部長 法学部教授 猪股孝史  21世紀を迎えるにあたり、わが国は司法改革を断行しました。その成果に、裁判員裁判制度の創設や法曹養成のための法科大学院の開設などがあることはご承知のとおりです。司法改革の背景には、規制緩和の動きと歩調を合わせて、従来のややもすると過剰で不透明な行政指導に依存する「事前指導・規制型の社会」から、司法制度のもつセーフティ・ネットに重点をおいた「事後監視・救済型の社会」への転換という、わが国における大きな潮流をみてとることができます。その意味で、21世紀は「司法の世紀」とよぶことができるでしょう。
 法制度のしくみとその役割を受け止めつつ、その根底にあるものを理解し、よりよい社会を築きあげていくことが、「司法の世紀」に生きる自立した国民の責務として求められていることに思い至るならば、法律学の学習は、たんに条文の精密な解釈や裁判例の理解だけにとどまるものではないことにもまた気づくでしょう。法は、社会の一つの規範であり、ルールであることはたしかですが、その社会は、生きた人間の日々の営みによってかたちづくられているのですから、そうであれば、法を学ぶことは、社会や人間のありようを学ぶことでもあるはずだからです。
 本通信教育課程で学んでいる学生は、現在、全国で約4000人弱です。そのうち、およそ半数は働きながら学んでいる学生です。法律学の深奥を探求したい、各種資格試験のための準備をしたい、職業上の武器として法律の知識を得たい、あるいは、生涯学習の一環として法律を学んでみたいなど、その動機はさまざまですが、本通信教育課程は、そうした多様なニーズに応えることができるよう努めるべく、多彩なプログラムを提供しています。
 「司法の世紀」に生きるみなさんには、伝統ある法科の中央で、法を学び、そして、社会や人間のありようを学んでいただきたいと願っています。